有田の陶土

有田焼の原料は陶石と呼ばれる石です。陶石は陶土と違い、白く、堅く、吸収性がありません。 有田焼は、1616年に有田町の泉山で陶石が発見されてから採石が始まりました。 泉山磁石場は、この400年間もの長い歴史の間削り取られてきた証拠に、一山のほとんどが掘り尽くされ、今は白い磁肌を見せながら大きく扇形に広がっています。 大正以降の現在では、有田焼には熊本県天草産の陶石を用いることが多くなっています。泉山の陶石は、鉄分を多く含んでいるため焼成すると色が曇ったり、黒点が生じやすくなるという問題点が多い反面、天草陶石は砕きやすく形成可能な上、高い強度で製品は硬く、仕上がりの色は濁りがなくて美しく焼きあがります。 また、他の土を配合せずに単独の陶石だけで磁器が造れるのは、世界的に泉山陶石と天草陶石のみだと言われています。

陶土づくりは非常に手間がかかり、また技術が必要な仕事です。

陶石に何度も洗いをかけ、鉄分の多い部分を取り除き、スタンパー(臼と杵)で長時間かけて粉砕し、粉状にしていきます。工場内はスタンパーの轟音が鳴り響き、説明していただいている声が聞こえないほど。

昔は川の水を利用し、水車で石を粉砕していたそうです。

陶石を徐々に砕いて行きます。

粉状になるまでいくつもの工程を通っていきます。

濾過していきます。

粉状になったものが、水の中で沈澱し、その部分抽出していきます。

MORE PRODUCT

  1. 川本治兵衛商店の企画力。

    川本治兵衛商店の企画力。

    川本治兵衛商店は、有田焼をはじめ日本各地の焼き物やガラス商品など、お客様のニーズにあったご提案をいたします。…

    川本治兵衛商店の企画力。
  2. 福泉窯

    福泉窯

    弊社は、福泉窯の作品を多く取り扱っております。福泉窯では多くの焼き物が日々生まれています。全て手作業で、職人の技…

    福泉窯
  3. 川本治兵衛商店

    川本治兵衛商店

    お客様に器をお持ちする時は、器を布で包み、ぼてに入れて運びます。ぼてに漆を塗ってもらった治兵衛の特注品。大切な商売道具です。…

    川本治兵衛商店
  4. 有田の陶土

    有田の陶土

    有田焼の原料は陶石と呼ばれる石です。陶石は陶土と違い、白く、堅く、吸収性がありません。 有田焼は、1616年に有田町の泉山で陶石が発見されて…

    有田の陶土
  5. 有田焼の手描きの美しさ

    有田焼の手描きの美しさ

    福泉窯の手描き職人による作品です。…

    有田焼の手描きの美しさ
  6. 分とく山

    分とく山

    総料理長野 崎  洋 光 Hiromitsu Nozakiいつも素敵なご提案をいただいております。1953年 福島県…

    分とく山
  7. 特注品承ります。

    特注品承ります。

    福泉窯で特注品を作りました。お客様のご要望により、さまざまな商品がご提案できます。あなただけのオリジナル商品で差をつけます。…

    特注品承ります。
PAGE TOP